あふれ出るカレー臭

家でカレーを作ると、マンションの1階のエントランスまで匂いが充満します。

クアラルンプールで食べたものを記録する

こちらの続き。

gourtessy.hateblo.jp

初日

Jalan Alorの屋台

クアラルンプールに着いて、そのままBukit Bintangまで行き、ホテルまで歩く道すがらに見つけた屋台。

屋台街は夜が本番だろうけど、朝から空いている店もいくつかあって、インド料理に飽きて優しい味を欲していたので、中華の屋台へ。

食べるのは台湾や東南アジアの方が好きだというのを再認識した。

コンビニ

ビールを買って、コインランドリーで洗濯しながら飲む。

この旅行で初のアルコール。

カールスバーグのビールらしい。

Restoran Nasi Ayam Chee Meng@Bkt Bintang

お腹が空いたのとスコールがあったので、通りすがりのお店に飛び込んだ。

https://goo.gl/maps/Ss6bQx1qvwLTyZSG8

ナシゴレンが食べたくて。

家人は海南鶏飯

しみじみおいしい。

Jalan Alorの屋台

夜は屋台。 ミャンマー屋台だったと思う。

サテときゅうりの炒め物、タイガービール

2日目

Anggun Boutique Hotel

ホテルのカフェで朝食。 ナシゴレンもあったのだが、昨日食べたこと、明日もここで朝食を食べることから、ナスのパスタにした。 オイスターソースが合っていてうまかった。ここのホテル、いいなあ。

フルーツ、ジュース、コーヒー、そして家人はパンケーキ。

亞世飯檔

チャイナタウンの奥に入ったところで見つけた屋台。

https://goo.gl/maps/KQ3QP9Lj8brniux26

おじさん、かっこいい。

カールスバーグをいただく。

牛肉とシシトウと炒め物とか、魚団子と卵のスープとか最高だ。

屋台で買った唐揚げとカールスバーグでおしまい。

3日目

Anggun Boutique Hotel

この日の朝ごはんはナシゴレンで。

Naab Business & Dining Centre

インドでも東南アジアでもないものを食べようということで、ペルシャ料理店へ。

https://goo.gl/maps/mEAvCT75LsV6B6G38

タブーレ。パスタサラダですね。

バーリースープ。バーリーはオオムギのこと。

ケバブ

2人でもまあまあ量があった。

おいしい店なのにお客さんがいないなーと思ったら、 この日からラマダンが始まったようでした。

Saravana Bhavan

今回の旅行の最後のご飯は、リトルインディアでベジミールスと決めていたので、こちらへ。

https://goo.gl/maps/qCEVTKdCcm7xqjJY9

チェンナイが本店で、日本にはないけれど世界中にお店があるらしい。 とは言え、お客さんはそんなに入ってなかった。

で、ミールス

ここの味ちょっと苦手…おいしいんだけど、煮崩れてない豆のカレーが多くて、元来の豆嫌いが再発。

Black eye beansが苦手で。

チェンナイよりもコチよりも辛く、塩っぱい味付けであった。塩っぱさはむしろ日本人好みかもしれん。 正直、僕の好きな味ではなかった。

夜はターリーに盛られるが、ランチはバナナの葉の上に盛られるミールスが提供される模様。

プーリー

コーヒー。

ぼくらが面白がって写真撮ってたら、店員さんも調子乗ってきて、サーブする位置が上がってきたら、盛大にこぼしやがった。 調子乗り過ぎたらダメなのは万国共通な。

帰国へ

朝10時発の飛行機なので、ホテルで朝食をとれず、KLIA2でナシレマとかマレーシアごはんを食べる。

そしてフライト。

今回は全体的にLCCを使ったので、機内食は食べなかったのだけど、 この日だけは、夜に関西空港に着くまで食事をする時間がないので、エアアジアX機内食を予約しておいた。

チキンライスボウル

ベジタブルライスボウル

チキンもおいしかったけど、見た目通りベジの圧勝であった。

LCC機内食をなめてたけど、なかなかおいしかったし、 値段も安かった。もったいぶらずに機内食を食べようと思った。

フライトが遅れて、綱渡りの乗り継ぎで名古屋まで帰ってきたので、この日は昼に食べた機内食が最後だった。

tessy3.hateblo.jp

tessy3.hateblo.jp

tessy3.hateblo.jp

南インドで食べたものを記録する

ゴールデンウィーク南インドとマレーシアのクアラルンプールに行ってきた。旅行記は別ブログに書いた。 tessy3.hateblo.jp

tessy3.hateblo.jp

tessy3.hateblo.jp

こちらには淡々と食べたものを書いていく。

なお、クアラルンプール編はこちら。 gourtessy.hateblo.jp

本場のインド料理を食べに行くのが今回の旅の目的だったのだけど、日本との気温差が激しく、全く食欲が湧かなかった。そもそも暑い時期は食欲が落ちるのを失念していた。よって、それほど食べられていない。しかも移動の関係でランチにありつけなかった日も多い。

チェンナイ1日目

ラトナカフェ

チェンナイで勧められていたカフェにまず訪問、といってもランチタイムを過ぎていたので、ミールスにはありつけず、ドーサとイドゥリとサンバル。

サンギータ

初日にしてやる気がすでになかったのでホテルから一番近い評価の高い店に行った。ここがなかなかの当たりで、翌日の昼も行くことに。

2階のエアコンルームへ。明らかに客層が違う。高級店だな。

スナック。普通においしい。

ゴビ65。カリフラワーの唐揚げ。家人が大変気に入った。

プラオ。これで小サイズだが、これでも1人で食べるには多かった。

サンバルライス。これも小サイズ。僕が頼んだものだが、食べきるのに苦労した。インドの料理に中年の胃は小さ過ぎた。

ジュースと水を頼んで全部で600ルピーほど。一番高いのはジュースでしたよ。

チェンナイ2日目

Annsun Boutique Hotel

泊まっていたホテルの朝食。全く期待してなかったけど、これがうまかった。

イドゥリがふわふわ。自分で作るともっと生地がみっしりするので、もっと水を増やさないといけないのだろう。そうすると整形がしづらくなる。どうやって作るんだろ。

サンバルはトマトと玉ねぎとモロッコいんげん。濃い目でイドゥリにつけるにはよかった。ラトナカフェよりうまかった。

ウプマもやわらかい。それでいてドロドロではない。正解を知って自分で作るのが怖くなった。

これ以外に洋食としてオムレツ、トースト、マンゴジュース、コーヒーが出てきた。朝から食べ過ぎた。

サンギータ

やや遅めの時間に行って今度はタミルナドゥミールス

ポディがついてギーライス

スパイシーなんだけど、まったく辛くない。日本で食べるミールス、なんなら家で作るミールスより辛くない。家で作るミールスは、辛さに弱い家人のためにイベントで作るミールスよりも辛さを抑えているのだけど、それよりも辛くないので面食らった。唐辛子の種類が違うとしか思えない。

ちなみに家人はもう少し量の少ないミールス

表の看板も気になったが、これはエアコンなしの1階のメニューで2階は別メニュー

Kozhi Idli

朝、昼とボリュームがあったので、夜は軽く済ませようと思い、パニヤラムが気になったので近くのお店に行った。

鶏肉と胡椒のラッサムと、たこ焼きに似てるパニヤラムはコーンと鶏肉をそれぞれ1つずつ。 写真はないけど、鶏肉入りマサラワダも1つ頼んだ。 ラッサムとパニヤラムのディップでついてきたトマトチャトニが辛かった。

店の人からメインのカレーとイドゥリは要らんのかと言われたような気がするけど、これでいいです。すいません。

ここのメインは様々なチキンカレーをイドゥリかイディアッパーで食べるようで、イディアッパーがちょっと気になったけど、食欲なかった。

この食事が令和最初の食事となった。

チェンナイ空港

空港のフードコートで朝ごはん。

ワダとトマトチャトニ、サンバル、ココナツチャトニ、そしてコーヒー。 腹ごしらえ程度で、味はまったく期待してなかったけど、案外おいしかった。 なんだか、期待してなかった食事が意外とおいしい旅である。

コチ1日目

Teapot

フォートコチにあるカフェ。

渋滞でフォートコチに着いたのか3時をなっていたので、ランチはなし。 腹の足しにと、近くのカフェでPapdi Chatを。 甘酸っぱ塩っぱいソースが何とも言えず、うまい。 そしてパクチーがいい仕事してる。

サモサもよき。

Malabar House

5月1日はメーデーで多くの店がお休み。

フォートコチでも営業している店はイタリアンなどインド料理以外の店しかなかったので、止むを得ずホテルのレストランへ。

マラバールポークビンダルーは色鮮やかなれど、それほど辛くなく、酸味も控えめですごく食べやすくうまかった。 ごはんをサラサラで実にうまい。 バスマティライスの半分ぐらいの長さしかなかったけど、あの米は何だろな?

サラダはおそらく青リンゴ。 ポークビンダルーもそうなんだけど、酢がかなり優しい味なんだろうな。

ドリンクはビーツとオレンジのジュース。 ビーツが強く、オレンジの味はほとんどしない。MJですよ。

ジュースについてきた付け合わせ。パフの内側にジャガイモのマサラが入ってた。 おいしかったけど、なんとも形容しがたい味だった。

奥のパンとバター、かぼちゃのジャムがついてきたけど食べられなかった。ホテルのレストランなのでまあまあお金取られました。 ポークビンダルーがおいしかったからいいんですけどね。

コチ2日目

Malabar House

ホテルの朝食。

まずはジュースにフルーツ。

そしてウタパムである。 トマトチャトニとココナツチャトニつき。 これが食べれたのはうれしい。 当然うまい。

このあと、オムレツやらパンやらコーヒーも出てきて、また朝からお腹いっぱい。

The Grand Hotel

Keralaらしいカレーが食べたいので、ミーハーではあるが、アナザースカイで俳優の鈴木浩介さんが食べていたアレッピーフィッシュカレーをいただく。

グレービー自体にマンゴーが入っているということで、酸味、甘味の方が効いていて、辛さはあまりない(少しはあるが、辛さを求めるカレーではない)。 しかしスパイシー。写真では魚が沈んでいるが、メカジキか何かの一口大の切り身がゴロゴロ入ってる。ごはんはこっちの特有の赤米だと思う。もっちりしておらず、サラサラなので、かなり食える。カレーが余ったので、ごはんは2/3おかわりした。

カレーとともに提供されたつけ合わせも絶品。

左の壺はラッサム。 写真では赤く見えるが取り出して見ると薄く透き通った茶色で、見た目も味もケララの風のラッサムに近く、すごくおいしい。

右の壺は薄めたヨーグルトにハーブと塩を混ぜたものに近いモール。 これもカレーに混ぜて食べると実にうまい。 単独でごはんにかけてももちろんうまい。 知らない人はごはんにヨーグルトをかけるのは信じられないだろうが。

右手前の皿は左奥から右に向かってライムピックル、チキンの付け合わせ、ココナツチャトニ。 ライムピックルはこれもまたケララの風で食べたものに近くておいしい。 チキンもチャトニももちろん。 チャトニは水気と塩気と青唐辛子がほんのり効くところがすごくおいしかった。

皿の手前はウェイターさんはポロンと呼んでいた。 南インドでは初めて見たが、スリランカのポルサンボルと同類だと思う。ポルサンボルよりもスパイシーだったが、辛いというほどでもない。

家人は野菜カレーのセットだったかな?

インド滞在でここまで食べてきた料理の中で文句なくナンバーワンである。 ここに来ることを目標にしていたわけではないけど、来てよかったと思う。 他のメニューも食べてみたいと思った。

インドに来て以来、日本で食べるものや自分で作るものと比べて辛くないことにびっくりしている。 特にケララは辛くない。いや、辛味はあるんだけど、辛さを売りにするのではない。 ケララの風モーニングの沼尻さんが南インド料理はスパイシーだけどホットではないと言っていたのは本当にそうなんだと思う。 色味に対して辛くないのはカイエンペッパーではなくカシミーリチリパウダーを使っているからだろうか。 課題が増えた。

この日は夜までお腹いっぱいだったので、何も食べず終了。

コチ3日目

Teapot

ホテルの朝食は前の日と同じなので省略。 初日に行ったカフェがよかったので、ランチで再訪。

ケララのイストゥ。 ココナツミルククリームシチュー。

お皿にごはんを盛って、シチューをドバッとかけてカレーライスのようにいただく。

シチュー(イストゥ)はグルテシでも作ったことがあるものの、こちらのシチューはカルダモン、シナモン、クローブ、ブラックペッパーが入ったまるでノンベジのようなスパイス使いだった。 1人前なのにカレーリーフが1枝分入ってた。

これもうまかった。これは自分でも作れる、かな。

コーチン国際空港

深夜のフライトなので、フォートコチを7時の最終バスに乗ったら渋滞で3時間近くかかってしまい、フードコートもほとんど営業していないなかで、一軒だけ営業していたお店でスパイシーなドーサ、

ドーサはかなりバリバリで、正直そこまでおいしくはなかった。また、スパイスがまあまあ辛かった。サンバルやチャトニはまあまあおいしかった。

これにてインド編は終了。

マレーシア編はエントリを変えます。

too much india

too much india これを知ったのは新栄であったBATERIA MARKETのときにLIVERARYの事務所の前でチャイとかワダを出していたのを見たときだ。そのときは、手伝いの男性が出していたので、too much indiaの人は南インド屋の料理教室に行くために札幌に行ってると聞いたな。

LIVERARY – A Magazine for Local Living | 名古屋を中心に東海地方のカルチャートピックを紹介・提案するWEBマガジン「LIVERARY」です。
【夏季休暇的名古屋台湾航空券割引特典付記事 #2】 航空会社の選び方から台湾オススメスポットまでを海外旅行上級者たちが指南。 STARFLYER × タイペイシャオツー × チェルプ × LIVERA...

その後、SNSでも月一のスポット営業を見かけるようになったところで、8月にとりあえず最後のスポット営業をするということで、今池のリバレスクに行ってきた。

river lesk リバレスク(千種/バー) - Retty
候補からエリアを選択してください 検索候補はありません検索候補はありませんりばれすく / 今池基本情報をもっとみる...

この日はベジプレートとのこと。 写真は家で撮影したので紙がクシャクシャになって申し訳ない。

実際はこちらである。

どれもおいしかったのだが、とりわけよかったのはマサラワダと、ココナッツミルクライスである。

マサラワダはチャナダルのペーストが適度に粗く、グラインドしていないダルも混ぜている。さらに表面がカリカリの衣がついていた。整形したマサラワダにベスンを表面につけて揚げたのだろうか。

ココナッツミルクライスは、ナシレマのようなものかと思っていたら、食べてみて、これはココナッツミルク入りのプラオだと思った。単体でもしっかり味があって、サンバルやカレーをつけて食べるのがもったいないぐらいであった。

過度に辛味や酸味をつけず素材の味を生かした優しい作りだと思った。家人は3年前に食べた、京都のタルカのミールス以来のおいしさだと言った。

インド食堂TADKA (TADKA) (烏丸御池/インド料理) - Retty
TADKA / 左京町基本情報をもっとみる このお店をアプリで開く南インドの本格的なミールスは革新的なおいしさ!いつも人が並んでいるお店烏丸御池駅徒歩5分にある南インド料理のお店。日本人シェフが日本人...

9月から半年間、インド各地で料理の勉強をして、帰国後、西区でお店を開く予定とのこと。楽しみです。

インド料理店 too much india
インド料理店 "too much india" 100のレシピ採集紀行7.27-10.14長者町で催されているアート農業プロジェクト『ART FARMing』に、too much indiaと建築家の...

2018年を振り返る

ブログを放置したまま、年末まで来てしまいましたが、ざっくりと今年したことを振り返っておきます。

4月8日:花見にカレーを持っていく

友人たち20人と名城公園でお花見を行いまして、このときにケララチキンカレーとスリランカチキンカレーとトーレンを持っていきました。普段、インド料理などを食べない人達相手でしたので、気に入ってもらえるか不安ではありましたけど、気に入ってもらってよかったですね。

・・・自分で出すのが精一杯で写真を撮ってなかったので友人の写真を拝借。

8月25日:Spicy Night Vol.1

高岳のFairground CafeでSpicy Night Vol.1というイベントをやらせていただいて、ハイデラバーディチキンビリヤニを提供しました。ライタに加え、ナスのアチャールとじゃがいものスパイス炒めも追加して皿の上を豪華に。シェフのホリーさんからはイベントを定例化したいと言われておりますがVol.2はまだ開催できていません。次があるとすればミールスになるんだろうけれど、ミールスのケータリングはちょっと大変だよなあ。 f:id:tessy3:20181230095624j:plain f:id:tessy3:20181230095926j:plain retty.me

10月21日:友人のお別れ会

1年半の予定で東京に引っ越す友人のお別れパーティが新栄の食堂BATERIAで開かれてまして、この友人、4月の花見にも来ていた人なんだけどビリヤニが食べたいとずっと言っていたので、ヒンドゥースタイルのチキンビリヤニを作って持っていきました。その他、ライタとアチャールは8月のイベントと同じ(お客さんの重複はないので)でした。持ち寄りというスタイルではなかったけど、僕が勝手に持ち込んだ形ですね。 f:id:tessy3:20181021203630j:plain www.parlwr.net

11月4日:boardEX#6 クロージングパーティ

大須のSessionsで開催されたboardEX#6という展示会のクロージングパーティのフード提供を依頼されましたので、チェティナッドスタイルのチキンカレー、ピックル・ポリヤル・スパイス炒めのおつまみセット、マサラワダとココナツチャトニの軽食セットを用意しました。テーブル以外はすべて自宅から持ち込んだのでなかなか大変でしたけど、楽しかったです。チキンカレーは完売したので大成功です。 f:id:tessy3:20181104154117j:plain

11月11日:第3回お寺deカレー

森下の本覚寺で、お寺deカレーというイベントに作り手として参加しました。 f:id:tessy3:20181230101809j:plain このイベントは昨年も依頼があったのですが、昨年は仕事の都合で参加できなかったので、2年越しの依頼ということになります。130人前を用意してくれと言われており、これまでグルテシで36人が最高でしたので、その4倍の量に対応するためにどうしようかと思案しましたが、結局4.5Lの鍋で2回作ることで対応しました。今回、私は他の4人が肉のカレーを出してくるであろうという想定から、食材、味も普通のカレーとは違うものに変えようと考え、ダールにしました。Trippin' Spiceのムラさんは僕がサンバルを出すことを期待されていたようですけど、カレーライスしか食べたことがなさそうな人の前でいきなりサンバルはちょっとなー、味も他とかち合うと嫌だなー、と思ってダールに逃げた感じです。結果として、ダールにしたことで1人前の分量を調整すれば、人数が増えても対応できました。チキンカレーだと1人前に最低1きれは鶏肉が入ってないと困るでしょ?

で、結果としてこういう皿になりました。 f:id:tessy3:20181230101854j:plain

この日は友人たちが酒持参で登場するというので、カレーの他におつまみとしてピックルを2種類を作っていきました。ダールよりもこっちのほうが気合い入れたかも(笑) f:id:tessy3:20181111111811j:plain f:id:tessy3:20181111135510j:plain

結局、お客様は延べ200人お越しになり、カレーもおつまみも完売しました。わーい。 f:id:tessy3:20181230102223j:plain f:id:tessy3:20181230102124j:plain f:id:tessy3:20181230102240j:plain

ミールスを作らない1年でしたが、後半はそれなりに充実したかな? 来年はもうちょっとイベントできるようにしよっかな。

モモヨカリー(まるじゅう@浄心)

今日は、午前中はクルマで外出していたので、昼にモモヨカリーに行ってきた。
www.instagram.com

ブログに書くのは、初めて行った1年前に引き続き2回目だけど、食べに行くのは3週間ぶり。

こう書くと結構食べているように見えるけれど、実際は去年、4月から5月にかけて3回食べたあと、今年の2月まで行く機会がなく、2月以降4回目というハイペース。

2週間ほどインドで勉強されていて帰国後初のモモヨカリー開催であった。

New photo added to "Camera Roll"

New photo added to "Camera Roll"

いつものようにベジミールスAで。
カトゥリの左からマスールダール、大根のサンバル、さつまいものコロンブ、ラッサム。ライスとの間にカード、右下にミックスベジタブルとチャナダルのポリヤル、人参とルッコラのサラダ、、インゲンと絹さやとカラチャナのクートゥ、ライスの左にトマトのチャトニ、ピクルス🇮🇳、マンゴとライムのピックル。そしてジャスミンライスと上にパパド。
New photo added to "Camera Roll"
いつもながら優しい味の食べやすいミールスでおいしかった。特に、サンバルは最近、安定していて美味しいと思う。

おかわりのサンバルがインドで食べた味の再現としてココナッツ入りのサンバルがついた
New photo added to "Camera Roll"

タマリンドの酸味よりもココナツと具材のかぼちゃの甘味がよく出ていて、いつものサンバルとはまた違った美味しさがあった。食べログの評価が3.12なのはかわいそうで、もうちょっとついてもいいんじゃないかなあ。
モモヨカリー - 浄心/インドカレー [食べログ]


店主のモモヨさんと話したのは、前回訪問時からなのだが、モモヨさんは僕のことを5年前からご存知で、グルテシをやっていたこともご存知だったとのこと。それはそれは失礼しました。

Instagramの別のフォロワーさんにも会って、モモヨさん共々、グルテシをまたやってくださいと言われたので、グルテシをまたやった方がいいのかなと心が少し動いた(すぐ戻った)

イベントカレーいろいろ(大須、新栄)

なんとか年度末を越えられそうな目処が立ったので、ちょっと仕事しつつもカレーを食べに行ってきた。

第一日曜日に大須のサチコブラウニーでやっているRyuJiカレーは牛肉のカレー。じゃがいもはココナツが入っていたので、サブジよりもポリヤルかな。ライタはクルミやクラッシュアーモンド入りで面白かった。安定のうまさです。

新栄のLounge Vioでやっている(C)(カッコカリー)というカレーとDJのイベントへ。

まずrever leskの牛すじカレーにじゃがいものサブジ。カルダモンとグローブが効いてて美味しいけど、マサラに対して牛すじが負けていた。牛よりも豚の方がいいような気がした。理想はマトンだけど。

次はManten Loveのチキンカレーとグリーンカレーとじゃがいものアチャールとほうれん草のクミンマサラ チキンカレーはこれもグローブが効いている。牛すじカレーとマサラの感じが近いが、こっちの方が辛い。グリーンカレーはあっさりしてた。じゃがいもはマッシュしてある以外は、アチャールではなくサブジだと思われ。ほうれん草はマサラというよりもタルカリですね。混ぜて食べてくださいと言われたけど、じゃがいももほうれん草も味の主張はないので、混ぜてどうなるもんでもなかった。

最後にfiji on the curryのラムキーマとチキンコランブ。Shingoさん((C)の主催者でもある)がコランブはコランブ感が出てないと言ってたけど、ちょっと弱いかなという感じがした。ラムキーマもあっさり目で、他のカレーのマサラがしっかりしていたから、味の系統が違ってよかった。

パンフレットには出てないけど、Trippin' Spiceも参加してた。でもお腹いっぱいだったので、諦めました。

帰宅後、相方が帰ってきたので、イベントで食えなかったTrippin' Spiceへ。鶏ひき肉と菜の花の豆乳カレーをいただきました。おいしいなあ。

おまけ。3週間前に作ったプチミールス。左下のトマトチャトニとライムピックルはモモヨカリーさんからのいただきもの。

NEPAL STATION(中区丸の内2丁目、長者町通)

タカリデド&ライスセット。

NEPAL STATION

タカリとはネパールの少数民族の一つで、料理がうまいらしい。

この料理がタカリ族の料理かどうかは判断できないけど、とりあえず、ダール、肉カレー、タルカリ、サーグ(実際は小松菜かな?)、グンドゥルックアチャールミックスアチャール、ゴルベラアチャール、パパド、ギー、そして写真には写ってないけど、サラダとデザートがついてくるので、豪華であることには間違いない。

肉カレーはチキンかマトン。チキンは優しい味、マトンはがっつり辛い。そしてデザートは、マンゴソースのかかったヨーグルトだった。水分が少し抜けて、固めのヨーグルトだったのがよかった(なぜなら、食事中に並行してマンゴラッシーを飲んでいたので)。

デドとは、とうもろこしの粉から作る餅のようなもののようです。詳しい説明はググれ。 ディド - ネパール料理レシピ紹介します。

ダルバートセットから、タカリデド&ライスセットまでは、ライス、ダール、カレースープはおかわり自由だと言うが、メニューに書いてあるライスは出てこなかった。そんなに空腹でもなかったので、この皿を空けてしまった段階で満腹になってしまい、おかわりまで辿り着けないどころか、夕食までパスしてしまうぐらいだったので、ライスの有無を聞く意欲も起こらなかった。

NEPAL STATION

夜もいろいろあるようなので、人数を集めて行ってみたいものです。

NEPAL STATION NEPAL STATION NEPAL STATION